225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

日経平均株価はどこまで上がるのか?

世界の株高の中でも、突出して暴騰している日本株。
ついにITバブル前の最高値も一気に抜き去りました。

この株高を演出したのは、何度も指摘してきたように「海外投資家」です。

 

 

投資主体別売買動向を見ると…
衆院解散発表の週から先週まで、海外投資家が全部の週で買い越し、日本の個人投資家が全部の週で売り越しです。

海外投資家の買い越し額は2.4兆円になります。
先物を加えると、なんと5.3兆円!

対する個人投資家は9月の初めからずっと売り越しで、合計すると2.8兆円。
国内金融法人を足すと、4.9兆円の売り越しなんです。

野村の先物の売りの巨大さも目を見張ります。
(裁定取引の売りもあるとは思いますが)

衆院解散の週からこれが始まったとすれば、やはり、安倍・黒田の異次元金融緩和が続くと見た海外勢が一斉に買いに入っていると見るのが正しいでしょう。

国内の投資家はボロボロです。
この先、どうするのでしょうか…?

ここから買いに入るのか?
過去を振り返ると、遅れて入る買いで海外勢の利益確定のお手伝いをしてきた苦い歴史があります。

アナリストたちが「25000円だ!30000円だ!」と言い始めています。
そういう事象が「大暴落の前触れ」だという話も多く語られます。

がしかし、まだ日本株のPERは高くないのです。
東証に上場しているグローバリスト企業だけが儲かり、中小企業には相変わらず厳しい風が吹いていますが、
上場企業が儲かってさえいれば、株価が高くなってもPERが上がりません。

この相場、どこまで続くか、皆目わからなくなってきました。

とりあえず今は、上昇トレンドについていくポジションを維持しています。
そう。デルタプラスです。

今現在の225CFDは、22818円と、昨日の高値(なんと23000円)から180円も安い位置にいます。
しかし180円くらいのものは、昨日も一気にぶち抜いたではありませんか!

デルタプラスのまま様子を見ていくということだと思います。

 


2017/7/21 発売

★購入者特典あります http://core-net.jp/book/campaign.html

You may also like...