225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

夏休み明けのマーケットを読む

今朝のオプコア会員向けのコメントを転載します。

夏休み明けの相場を読んでいきましょう。

悪材料はまったく消えていません。

米朝貿易戦争、中国リスク、新興国通貨安…
特に中国株の下落は止まっておらず、人民元も安値を次々に更新中です。

なのに、なぜか日米の株価は底堅く推移しています。
違和感を感じるのは私だけでしょうか?

分からなくなったら、とりあえずチャートを眺めてみましょう。

225・時間足1か月チャート

お気づきのように、この22300円台というのは、この1か月、何度も「抵抗帯」となってきました。
今回もそこに接近していますが、6回目です。

過去2回は下からの接近でしたが、いずれも跳ね返されています。
今回もそうなる可能性のほうが高いと思います。

なにか好材料でも飛び出せば別ですが、とりあえずそんなものはなさそうです。

そして次のチャート。

225・日足価格帯別チャート

22300円台の抵抗帯を、同じように青い点線で描いてあります。

ここで確認できるのは、この抵抗帯の上と下は、過去数か月間非常に出来高が多かった価格帯だということ。
よって、上に突き抜けても上値を抑えられやすく、反落しても底堅く推移しやすいことになります。

こういうところからも「もみ合い」の条件がそろっていると言えますね。

さて。
昨日で夏休みが終わったという人も多いでしょう。
この週末まで休みだという方も。

いずれにしても、今日が過ぎれば、また月曜から日常が始まります。
投資家も戻ってきます。

225先物の8/10の休み前終値は、22300円でした。
今現在の225CFDは、22283円です。

結局同じ水準ですね。
休み中は、下げたけど戻った…そういうことです。

ただ、まだ今日があります。
この閑散相場の中、動きが出る可能性もあります。

 


2017/7/21 発売 (2018/7 第2刷)

★購入者特典あります http://core-net.jp/book/campaign.html

あわせて読みたい