225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

そうは言っても平昌オリンピックに感動した

今朝のオプコア会員メルマガを抜粋します。
—–
さて。
終わりましたね、冬季五輪が。

私も(感動しやすい体質ですので)何度も涙腺が弱くなりました。
ああ・・・それはもう本当に。

このオリンピックはある意味「世界の現状」を象徴していたと感じました。

色々と政治が絡んできます。
ビジネスも絡んできます。
不正が横行し、そしてそれがバレます。

政治の意味では、言わずと知れたノースコリアの(おかしな)絡み方。
南の大統領であるはずのムンジェインが「北主導の統一」を推進する中、異常な「北」の干渉が展開されました。

ビジネスの意味では、スポンサーの都合などで競技時間が深夜に及んだり…
アスリートが非常に可哀想だった。(特に男子ジャンプ陣)
そもそも、平昌は冬季五輪をやれるロケーションではなかった。
あの吹きっさらしのジャンプ台で、しかも深夜に競技をさせるなど、無茶な話でしたね。
私は「頭がおかしいのか」と思いました。

不正も(またまた)行われました。
もう書きませんが、いくつも(メダルを取らせるために、あるいはある選手の足をひっぱるために)あってはならない不正が行われました。
まあ…世界は「不正のルツボ」ですから、それが縮図となってここにも表れたのでしょう。

しかし!
それにもかかわらず、それをものともせず、これだけの感動を生んだのです。

きっと世界そのものも同じことです。
不正の坩堝であっても、我々は立派に人生を謳歌します。

あの、大河ドラマの西郷どん(せごどん)のように…(昨日ちょっと感動したもので)

正義は勝つ。

私はそう信じています。
昨日も「武士道」についての本を読んでいましたが、さらにその思いが強くなりました。

 


2017/7/21 発売

★購入者特典あります http://core-net.jp/book/campaign.html

あわせて読みたい