225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

安倍総理のパールハーバー訪問を斜めから見る

オプコア会員向けのデイリー・メルマガを転載します。
—–

パールハーバー

ひところ、パールハーバーという映画を何度も見ました。
戦争がいかに悲惨なものか、無益なものか、
血だらけの水兵達を見ながらしみじみ思ったものです。

この戦争が「金儲けのために」行われたとなると、
ふつふつと怒りがこみ上げてきます。

今朝のセレモニーも複雑な気持ちで眺めていました。
安倍総理は、その役を演じるのにふさわしい人だったのか…?

詩人のようなスピーチの出だしを聞いていて、
非常に空虚さを感じました。

一方、オバマ大統領に関しては賛否両論あるようです。
トランプ時期大統領の弁を借りれば、
ISに資金を提供していたのはヒラリーとオバマということになっています。

しかしオバマは核軍縮をうたい上げ、
ノーベル平和賞を授けられた人です。

加えて、例の〇〇〇さんによると、
オバマは、ネオコンに従うふりをしながら、
支配体制を打ち砕こうとしているということです。

この世はよくわかりません。
表と裏がありすぎます。

安倍さんだって、もしかしたら…
もしかしたら…期待も込めて、
米軍が日本から撤退することが分かったことで、
日本を軍事化することを急いだのかもしれません。

そう思えるのなら(日本人として)幸せです。

自分たちのリーダーがどんな人であるか…
それは非常に重要なことです。

次期大統領のトランプがどんなリーダーなのか、
まだ見えてきません。

ただ、戦争屋の代表でないことははっきりしているのです。
もうこれで、3次大戦の心配はなくなったと思います。

経済戦争ならおおいにやりましょう。
我々のトレードの世界も戦いです。

相場はやはりノンレム睡眠状態。
健やかな寝息が聞こえるようです。

 


 コア研が主宰する投資クラブの詳細は こちら からご覧ください。(PR)

 

あわせて読みたい