225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

カテゴリー: 人生・価値観

そうは言っても平昌オリンピックに感動した

今朝のオプコア会員メルマガを抜粋します。 —– さて。 終わりましたね、冬季五輪が。 私も(感動しやすい体質ですので)何度も涙腺が弱くなりました。 ああ・・・それはもう本当に。 このオリンピックはある意味「世界の現状」を象徴していたと感じました。 色々と政治が絡んできます。 ビジネスも絡んできます。 不正が横行し、そしてそれがバレます。 政治の意味では、言わずと知れたノースコリアの(おかしな)絡み方。 南の大統領であるはずのムンジェインが「北主導の統一」を推進する中、異常な「北」の干渉が展開されました。 ビジネスの意味では、スポンサーの都合などで競技時間が深夜に及んだり…続きを読む

オリンピックに不正はいらない

昨日のオプコア会員メルマガを抜粋します。 —– 前段省略 あとは余談です。 冬季五輪も宴たけなわ。 金メダルを取らなければいけない人が見事に金メダルを取って、少しホッとした感じです。 特に、我が長野県民の小平奈緒の金は格別な思いで眺めていました。 ・・・いや、ちょっと絶叫しました! 同じ長野県民で言えば、ノルディック複合:渡部暁斗のラージヒルに金メダルの期待がかかります。 しかしまずはパシュートでしょうか。 ここの金メダルは固いところです。 あの長野冬季五輪から20年。 私は当時ボランティアで、競技会場から表彰式会場までメダリストを輸送するクルマの運転を任されていました…続きを読む

年収1000万円稼げる日本人の割合

今朝の会員メルマガを抜粋します。(一部加筆・変更しています) —– ぜんぜん話は変わります。 日本人の平均年収は、平成28年のデータで、422万円。(男性:521万円、女性:280万円) 公務員さんの平均年収は633万円ですが、これはちょうど民間の1.5倍! 諸々の議論、政策変更が必要かもしれませんね…。 このクラブで目標に掲げているのが、運用資金1000万円、月に20万円の「余剰的な収入」です。 税負担も社会保険料の負担もものすごく大きいので、我々が「真のゆとり」を感じつつ暮らせるためには、やはり1000万円程度は確保したいところです。 しかし調べてみると… 年収10…続きを読む

戸隠神社で神仏と向き合い魂を洗う

今朝の会員メルマガを転載します。 —– 今日のマーケットは特筆することもないので、この年初にあたって「心の中にあること」を少し書いてみたいと思います。 神仏への向き合い方について。 皆様は初詣(はつもうで)に行かれますか? 私は毎年、ご利益信仰の人がいなくなった時期に、静かに「神仏に近づける場所」へ行って年初の挨拶をいたします。 (もちろん変な新興宗教ではありませんよ!) 長野の「戸隠」というところはパワースポットとして有名です。 とにかくそこへ行くだけで、いつもすがすがしい気持ちになれます。 (吉永小百合のJRのCMで知っておられる方も少なくないかも知れません) 戸隠…続きを読む

2017年を象徴する漢字一文字・岩田バージョン

いくつかの忘年会も終え、大掃除もおおかたこなし、 でもなんとなく2017年に後ろ髪をひかれる感じで、年のフィナーレを迎えようとしています。 皆さんは今「どんな感じ」でしょうか? 今年の漢字は「北」だそうです。 1位「北」 2位「政」 3位「不」 4位「核」 5位「新」 6位「選」 7位「乱」 8位「変」 9位「倫」 10位「暴」 なんです?これ。 皆さんどう思います? テレビのワイドショーそのままではないですか? ちょっと言いすぎですか? 「不」とか「乱」とかの意味はよくわかりませんが、だいたいテレビの視聴率ランキングに沿ったものに思えます。 かといって…「お前なら何をだす?」と言われると困り…続きを読む

日本人の誇りを取り戻す(マッカーサーの告白)

私は日本が大好きです。 この四季溢れる自然、 美味しい食材ともてなしの料理、 安全でおいしい水、 治安の良さ、 今でもほんの少し残っている協調性や武士道精神(笑) そして、打ちひしがれても頑張りとおす国民性・・・ 日本は戦争に負けました。 そして70年以上の歳月を、反省に反省を塗り重ねて、小さくなって生きてきました。 別に大きくなる必要はありませんが、 必要以上に卑屈になることはありません。 日本民族はもっと、胸を張って、世界平和に貢献しなければいけないんです。 そんな想いを、私の投資倶楽部の会員の皆様に聞いてもらいました。 この会員専用動画を公開することを、会員の皆様が許してくれることを願っ…続きを読む

面白い!これぞ本当の日本史。竹村公太郎さんあっぱれ。

竹村公太郎さん(元国土交通官僚)の話を聞きましたが、これが異常に面白い話で、私は心の底から感動をいたしました。 それにしても… 教科書に載っている日本史は、肝心なところがゴソっと抜けているんですね。 竹村先生は歴史家ではなく、国土交通省でたくさんダムをつくってきた人で、日本の地形に詳しいことから、地形の分析から独特の歴史観を展開しておられます。 話は藤原京とか平城京の頃にさかのぼります。 この頃の日本の都は奈良にありました。奈良盆地。 大和朝廷ですね。 当時の日本のエネルギーは、すべて木材でした。 煮炊きをするのも家をつくるのも、何から何まですべて木が頼り。 だから、選ばれて、都がおかれたのが…続きを読む

人生がつらくなった時にどう切り抜けるか

2年前に書いたものです。 自分の人生を赤裸々に振り返っています。 人生について。(続き) 先ほどある方から直接メールをいただきました。 投稿を見て傷ついてしまったとのことです。 たいへん驚きました。… またしても傷つけてしまった。 人生の中で辛いところにいらっしゃる方は多いと思います。 自分の人生の中でも、耐え難いほど辛い時間帯は何度かありました。 胃に穴が開いたことは書きましたが、倒れて入院したこともありますし、若い頃は対人恐怖症になってほぼ精神病状態だったこともあります。 しかしそんな時でも、私は結局前向きだったんだと思います。 立ち直るシナリオを描き、スケジュール化し、ガムシ…続きを読む