225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

金融緩和は財務省のため?FRBのため?

会員メルマガから抜粋

昨日車を運転しながら、三橋貴明さんのしゃべっているのを聞いていました。

三橋貴明さんは、学問としての経済学ではなく、実態をとらえた経済学を展開しているところで、どの学者よりも優れていると思っています。 (というより、世の中の経済学というものがどれほどデタラメか…ということなんですが)

そしてアベノミクスについては、いわゆるリフレ派(浜田宏一、岩田規久男)をめった切りにしています。
私も彼らを訝しく見ているところがあります。

ただ、三橋貴明さんの論調では、
「一番問題なのは財務省であって、財務省の願い(緊縮財政・増税)をかなえるために、リフレ派を利用して安倍政権に影響を与えた」 という感じです。
それがアベノミクスのメインシナリオ。

それともうひとつの視点も展開していました。
この「デフレ」…(いま日本は完全なデフレに戻っています)…デフレを利用して、利権を崩壊(構造改革推進)させ、ビジネスを拡大しようとしている強欲企業たちの存在。
その代表としてパ〇ナとかを挙げていましたが、それらの圧力で政権が動かされている実態もあると。

私との違いは、その圧力主体(震源地)がどこであるかという点です。
私はFRBだと言ってきました。


日本の強欲企業たちは、これ幸いと便乗しているだけだと思います。
そして日銀の金融緩和は、財務省のためにやっているのではないと思っています。

やっぱりちょっと、三橋貴明さんと視点が違うなあ…。

三橋貴明さん…言えないから言わないんでしょうかね…
彼は強いし、根性もあるから何でも言っちゃうと思うんですけどね。

 


 コア研が主宰する投資クラブの詳細は こちら からご覧ください。(PR)

 

あわせて読みたい