225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

今年の「コール売り」は全勝の予定

NYダウ先物の終値は 23875ドル。
コロナ前の高値:29568ドルから▲19%。

225先物の終値は 19760円。
コロナ前の高値:24110円から▲18%。

少なくとも、この「経済撃沈」はリーマンショックの比ではないことが明確です。
今後次々に発表される世界中のGDPは、おそらく前年比で何割も激減するでしょう。

名だたる上場企業が悲惨な決算を発表し始めるのもこれから。
失業者が激増するのも確定事項です。

リーマンショックの時は、世界中の株価が少なくとも6割減にはなっていました。

株価は経済を先取りするもの。
今後の企業業績を反映するのが株価のはずです。

なぜ▲18%しか下がらないのか?

しかしまあ…いつまでもこのような「不正:相場操縦」に対して文句を言っていても仕方ありません。

米国債がついに暴落する…など、何かのきっかけで「本当の相場の正体」が露呈するまで、
この「高値もみ合い相場」が演出されるなら、我々はそれで稼げる体制をとっていけばよいのです。

要するに…
ボラティリティはそこそこに高い。(一日数百円程度は動く)
下げても公的な買いが入って買い支えられる。

結局、上げたり下げたりが続く相場なのです。

そろそろ色んなチャレンジができそうですね。
・225先物ミニを使った時間足トレード、
・ボラの鎮静化を前提としたスプレッド取引

そもそも、コール売り戦略は普通に稼いで行ける相場ですからね。
暴騰がない限り勝てる戦略なんですから。

今年こそ!
アベノミクスや日銀バズーカで苦しめられた、そのリベンジを成し遂げる年にしましょう。
今年のコール売りは「全勝」を目指したいですね。

今のところ負けなしの「全勝」ですから。
これを年末まで続けたい。

こんな相場で勝ち続けることができるのは「オプコアPRO」くらいしかないと思いますが、皆さんどうですか?

あわせて読みたい