225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

森友事件・籠池氏証人喚問の新視点(結末予想)

オプコア会員向けのデイリーメルマガを転載します。(加除訂正あり)

—–

籠池証人喚問の話題で持ちきりですね。
まあ…面白いと言えば面白いので、わかりますが…。

印象としては籠池氏は本当のことを言っている印象を受けました。
発言によどみがないからです。
これが演技だったら、その演技力や心臓の強さに驚きます。
(ただ、3種類の契約書はアウトでしょう。うそを言えないので証言拒否をしたと思われます)

※3/27補足:その後「籠池証言に嘘が散在すること」「官庁の隠蔽があまりに露骨なこと」「民主党辻本議員問題」などが明らかになり、当問題はぐちゃぐちゃのぐちょぐちょになりました。しかし、その点は以下の論調に変化を与えません。

一方、与党の側の質問のほうに「焦り」を感じました。
自民、公明、それに維新の下地氏などは、半ば「捨てゼリフ」を最後に吐いていました。

正確なうそ発見器でもなければ真実は見えないんだと思いますが、
やはりここは、「世界中で同時に勃発している政権交代」の一環だと考えれば、
結果はおのずと見えてくるように思います。

残雪期の宝剣岳 /RYO IWATA 2016/4/9

去年から世界中で「グローバリズムからナショナリズムへの権力移動」が起きています。

それはすでに、グローバリズムの本拠地である、欧州と米国で起こっているのです。

それに伴って、アジアでも朝鮮半島に異変が起こっています。

ロシアは最初からナショナリズムです。
プーチンは力を持ちつつあったグローバリストを逮捕してぶち込みました。

世界第3位の経済大国の日本だけが、グローバリズム温存となるはずがないんです。
あり得ません。
安倍政権は、バリバリのグローバリストです。

今回の森友事件は、その視点で見るべきだと思います。
結果は…そうなっていくのでは?
もうそうなることが、実は決まっているのでは?
誰かが裏でシナリオを操っているのでは?

実はもしかしたら…今上天皇の退位の問題も同じ路線かもしれないと思っています。
ローマ法王も交代しましたし…。
(このあたりは研究中です)

そして、グローバリストが支配してきた金融界も変わるはずです。
心の底からそれに期待をしたい。

そのためには、まず、この異常に膨らんだ(実体経済の何倍にも膨らんだ)巨大バブルが清算されなければならないのです。
このバブルはドル基軸通貨体制を守るために、無用に膨らんだものです。

そこに日欧が身を挺して協力をしたのです。

もうやめましょう。
この異常な金融緩和。
まともではありません。

相場は相変わらずもみ合い。こう着相場です。
しかし書いた通りこれは、嵐の前の静けさなんだと思います。

 


 コア研が主宰する投資クラブの詳細は こちら からご覧ください。(PR)

 

あわせて読みたい