225オプションの初心者を丁寧にサポート。
トレーダーの養成と交流を目的とした会員制投資クラブです。

カテゴリー: マーケットコメント

選挙前に株価を高騰させた犯人が分かった!

今朝の会員向けメルマガの一部を転載します。 —– 225先物の日足で見ると、16連騰だったんです。 おかしいです。 操作されなければ、そんなことは起こりません。 衆院選の投票日に向けてそれが起こるということは、やはりFEDの連中(NYの金融マフィア)が安倍政権を外せなかったということでしょう。 安倍政権が株を上げたというよりは、金融マフィアが株を上げたんです。 万が一安倍政権が倒れてしまったら、何が起こりますか? 日銀の異次元金融緩和が終わってしまうんです。 もしくはテーパリング(緩和の縮小)。 それは、そのままFEDのシステム(彼らのぼろ儲けのためのUSドル基軸通貨中…続きを読む

史上最高値の「NYダウ」にだまされるな

一昨日のオプコア会員専用メルマガを転載します。 —– 証券市場はお盆休みとは無縁です。 オプコアPROも、早々と14日から始動になります。 世界のマーケットは動いているので、稼働していてもらったほうがありがたいのです。 さっそく、週末の山の日(日本だけ休場)の未明に、世界のマーケットが急落しています。 でも我々は「記録的な大暴騰」意外は余裕ですので、たいてい笑って見ておればよいのです。 木曜の日経平均株価の終値は19729円でした。 ナイトセッションで225は急落。 225先物の終値は 19350円でしたので、379円の急落でした。 現在の225CFDは、そこから100…続きを読む

マザーズ指数の急落は注目に値するか?

マザーズ市場が変調をきたしています。 昨日には足踏みでしたが、本日はまた下落。下のチャートを見ても、75日線(レジスタンスライン)を割り込みそうな雰囲気が満載です。 昨日の朝、このマザーズのことを会員メルマガに書きました。(一日遅れですが)チャートの下に転載してみます。     個人投資家の元気度をはかるマザーズ指数が急落しました。 下落幅は4%近くにも達しています。 しかし、そんな日でも日経平均株価はプラスだったではないですか。 これが官製相場の官製相場たる所以です。 日経平均株価:225だけは下げないんです。 現在の225CFDも、また2万円をクリアして 20080円に…続きを読む

オプショントレードは【AI】に取って代わられることはない

今朝のオプコア会員用メルマガを転載します。 —– 出版まで1か月を切っていますが、意外と準備はギリギリまで続くものです。 昨日、最後の校正(7回目)を終えました。 7回目に至っても、手直しをする箇所は10か所くらいはあるものです。 あと3週間で製本や書店への配布が行われるのです。 世の中、きびきびと動いていますね。 いい感じです。 それと、もうひとつ嬉しいこと。 今朝、何気に食べた「米」が、やたらと良い香りがして食感もよくおいしかったので、家内に聞いたところ、ある親戚が作った米だとか。 別にブランド米でなくとも、この信州では、良い水と良い空気でもって、当たり前にブランド…続きを読む

ヒンデンブルグ・オーメンは、暴落の前兆!?

知らない人だったのですが、ブロガーで面白いことを言っている人がいたので、抜粋してお伝えします。 米株が暴落するという話です。 NYダウで、テクニカル分析上、暴落の前兆とされている「ヒンデンブルグ・オーメン」が点灯したらしいです。 これが暴落の前兆になると…。   「ヒンデンブルク」は、1937年のドイツ飛行船ヒンデンブルク号爆発事故に由来します。 「オーメン」は、悪いことが起こる前兆です。 それにしても、ひどい名前 (^^; この「ヒンデンブルグ・オーメン」は、下記の「4つの条件」が同じ日に起こった時に点灯します。 そして、一度点灯すると、向こう30営業日(およそ42日間)は有効とさ…続きを読む

日経リンク債が日経平均株価の頭を押さえる

225は、2万円を明確に超えるのは難しい・・・そう言ってきたと思います。 案の定、このナイトセッションで225が崩落しました。 現在の225CFDは、19788円。 225の高値は20030円でしたから、そこから240円の値下がりです。 ドル円にリンクしているともお伝えしましたが、そのドル円が主導する形での崩落でした。 ドル円は現在、112.65円にまで急落しています。 ドルインデックスが急落しているので、これは、円高というよりは、ドル安ですね。 ユーロ円は別に下げてませんから。 225の急騰はないと判断していた理由は、ひとつには、1800円も急騰(オーバーシュート)した後だからです。 200…続きを読む

GW開けの株式市場で起こること

今朝の会員向けコメントの抜粋です。 連休前のメルマガにこう書きました。 — > しかしその間(GW開けまで含め)、北朝鮮の問題に加え、米国債務問題、フランス大統領決戦投票、韓国大統領選挙があるのです。 — まず、北朝鮮問題に対する見方はやはり正しかったように思います。 何も起こりません。 報道からも「起こらないこと」がわかります。 まず、この北朝鮮リスクの中で「安倍政権の大臣11人が外遊」だなんて…! ★北朝鮮情勢が緊迫する中で、大臣11人が恒例の“GW外遊” 出費は10億円を超えると試算 https://news.nifty.com/article/domest…続きを読む

4月のマーケットで警戒する材料(ルペン大統領・朝鮮有事・米国債務上限問題など)

今朝の投稿に続いてオプコアPRO会員メルマガから抜粋します。 本日は会員メルマガを少し公開する日としましょう。 —– 前段省略 投資主体別売買動向を見ると、外国人投資家は1月中頃から日本株を売っていますが、 特に3月半ば以降は大きな売り越しになっています。 全体的なイメージでいうと、「外国人投資家の利益確定を日銀の買いで受けている」ということが言えるのかもしれません。 信託銀行(公的年金)はこのところ売り越しです。 トランプ相場で利益が出ていてリバランス売りをしているということでしょうか…。 外国人が利益確定できているのは、トランプラリーがあったからで、このトランプラリ…続きを読む

今夜から大変!オランダ総選挙・FOMC・日銀会合・米国債務上限問題

さて。 今夜からマーケットは大荒れになる予定です。 今朝のオプコア会員さん向けのメルマガから抜粋します。 重要イベントだらけの今週の半ばに入ってきました。 もう昨夜からFOMCが始まっています。 政策金利が発表されるのは、今夜…というより明日の未明の3時になります。 利上げに関する発表、そしてイエレンの会見があります。 そして同時進行にて今夜、オランダの議会選挙(政党の議席を争う比例代表制)の投票があり、 明日の午前中に結果が判明します。 加えて、明日の昼には日銀会合の結果が判明します。 要するに、明日の未明からお昼にかけて3つの重要イベントが次々にやってくるわけです。 また、それをこなした後…続きを読む

ポピュリズムの風を受けたオランダ総選挙で起こること

オプコア会員向けのデイリーメルマガを転載します。 —– 世界中で、ビックリ仰天のニュースが沸き起こるようになりましたが、あまりに情報が錯綜していて整理がつきにくいです。 こういう時には、情報筋(ルート)を見極めることと、仮説を一本通して情報に接することが重要だと思います。 そうでないと、振り回されます。 正男の件も、本当の深層はまだ見えていません。 方向性は見えてきた気がしますが…。 トランプ周りはもっと見えません。 トランプは自由に動ける状態ではなく…まるで大リーグ養成ギブスをはめられているようなもので、ポリシーから外れたことを時々言っているのはそのためです。 たとえ…続きを読む